【保存版】Windows 10の標準「メール」の設定方法

デジタル

Windows 10の標準「メール」とは?

Windows10ではメールクライアント(メールソフト)をインストールしなくても標準で「メール」というアプリがインストールされています。

アプリ自体が「メール」という名前のためわかりづらいのですがマイクロソフトが提供する純正メールクライアントです。

操作も設定方法も非常にシンプルで、単純にメールを送受信するだけであれば別途メールクライアントは必要ありません。

今回はWindows 10の標準「メール」の設定方法について解説します。

 

 

メールの設定方法

メールの設定方法についてですが、使っているメールアドレスによって設定方法が若干異なります。

このメールはマイクロソフトが提供しているためOutlook.com,Live.com,Hotmail,MSNといったマイクロソフト関連のメールアドレスが一番設定が簡単です。

もちろんGmailやYahooメールといったサービスや独自ドメインのメールアドレスにも対応していますが設定が若干ややこしいかもしれません。

アカウントの追加

まずはスタート画面もしくはタスクバーからメールを起動します。

メール画面下の設定アイコンをクリックします。

設定メニューから「アカウント管理」を選択します。

続けて「アカウントの追加」を選択します。

以降は設定するメールアドレスの種類によって設定方法が異なります。

アカウント別設定方法

それではそれぞれのメールアドレスの設定について見てみましょう。

マイクロソフト関連のメールアドレス

Outlook.com,Live.com,Hotmail,MSNといった(○×@outlook.jpや△□@outlook.comなど)マイクロソフト関連のメールアドレスの場合は「Outlook.com」を選択します。

Microsoftのアカウント(メールアドレスや電話番号など)を入力し「次へ」をクリックします。

続けてパスワードを入力してサインインします。

以上で設定完了です。

Gmail(Googleのメールアドレス)

Gmailの場合も非常に簡単です。

アカウント追加画面でGmailを選択します。

Googleのログイン画面が表示されるのでGmailアドレスを入力します。

続けてパスワードを入力してログインします。

すると下記のような確認画面が表示されるので「許可」を選択します。

続けてメールを送信する際、相手に表示される名前を設定します。

以上でGmailの設定は完了です。

メールの受信数が膨大な場合、同期するのに時間がかかりますのでメールを閉じずにお待ち下さい。

Yahoo!メール(詳細設定が必要なメール)

Yahoo!メールも以前はGmail同様に項目としてYahoo!メールがあったのですが、Updateにより項目が削除されてしまいました。

そのため設定には若干手間がかかります。

項目として表示されていないOutlook.com/Exchange/Google/iCloud以外は基本的に詳細設定が必要です。

 

まずはアカウントの追加画面で詳細設定を選択します。

続けて詳細設定の項目で「インターネットメール」を選択します。

設定項目が多いのですが全て入力します。

メールアドレスやパスワードはご自身のメールアドレスのものを使用し、以下の項目は共通です。

  • 受信メールサーバー:pop.mail.yahoo.co.jp
  • アカウント種別:POP3
  • メール送信サーバー:smtp.mail.yahoo.co.jp

以上で完了です。

アカウント名はアプリ上に表示される名前ですので、好きなもので問題ありません。

ちなみにアカウントの種類は

  • POP3 メールサーバーにメールを残さない
  • IMAP4 メールサーバーにメールを残す

を選べるのですが、IMAPアクセスはメールソフト(Outlook、Becky!、Thunderbirdなど)での利用サポート対象外ですのでPOP3を選択しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました