自営業と会社員で加入するべき保険が違う理由や入るべき保険を解説

個人事業主

自営業と会社員で加入しておくべき保険が違う理由

自営業と会社員の方で加入しなければならない保険が違うのは、加入できる保険そのものに違いがあり、万が一の時にカバーできる範囲などに差が出るからなのです。

例えば、会社員の場合だと国民年金だけでなく、厚生年金や企業年金等に加入していますが、自営業の方の場合は国民年金も加入のみとなります。

つまり、将来的にもらえる年金や何かしらのトラブルが起きたときの保障において会社員とは差が出てきます。

だからこそ、自営業の人は会社員の人と違って、加入しておくべき保険も違ってくるのです。

 

 

自営業と会社員は公的保険の種類が違うから民間保険がポイントになる

自営業の方と会社員とでは加入できる保険、特に公的保険については大きく違います。

公的保険とはその名前の通り、国が定めている公的な保険なのですが、自営業の方は会社員と比べて加入できる公的保険の数が少ないのです。

しかしながら、自営業の方は病気や事故などの万が一のトラブルに巻き込まれてしまうと収入が止まってしまい大変な状況に陥ることもあるため、加入できる公的保険が少ないというのは少し心もとないのです。

そこでポイントになってくるのが民間保険です。
民間保険ではそれぞれ条件はありますが、それをクリアすれば自営業の方でも会社員との差やもともと足りないと感じていた部分をカバーするために保険に加入することが出来るのです。

自営業と会社員で加入できる公的保険の違いについて解説

それではこれから自営業の方と会社員の方が加入できる公的保険の内容の違いなどについて解説していきます。

この違いについて知っておくことで、入るべき民間保険がどんなものなのかということが見えてきますので、特に自営業の方はしっかりと確認しておきましょう。

公的医療保険においての自営業と会社員の違い

会社員の方は健康保険に加入できますが、自営業の方は健康保険ではなく、国民健康保険にのみ加入することが出来ます。

また内容に関しては傷病手当金や出産手当金などが自営業の方が加入する国民健康保険では保証されないという違いがあります。

公的年金においての自営業と会社員の違い

公的年金における違いは加入する保険の数に違いがあります。
自営業の方は国民全員が加入する義務のある国民年金にのみ入ることができます。

一方で会社員の方は国民年金以外にも厚生年金保険にも加入するため合計で2つの保険から保障されるようになっています。

雇用・労災保険においての自営業と会社員の違い

雇用保険や労災保険での違いはそもそも加入できるかどうかにあります。

この雇用保険や労災保険とは基本的には会社員の方のみが加入できる公的保険であるのです。
そのためこれらの保険には自営業の方は加入することができないのです。

自営業の方が万が一の時のために加入するべき民間保険の種類

自営業の方と会社員の方では加入できる公的保険に違いがあり、その差をカバーするためには民間保険に加入することが一番有効な方法であります。

これから特に自営業の方が入るべきだと言われている民間保険の種類についてご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

病気で収入が止まった時のための医療保険

自営業の方がまず入るべきだと考えられるのがこの医療保険です。

自営業の方が何かしらの病気になり、ある一定の期間入院することになれば、場合によっては収入が完全に途絶えてしまうという状況に陥る可能性があります。

その時のために役に立つのがこの医療保険なのです。

日本人の2分の1がなると言われているがんに対してのがん保険

医療保険と同じくらい重要だと言われているのが、このがん保険です。

がんは現在約2人に1人の確率でなってしまうと言われているほどですので、自営業の方でも十分になってしまう可能性があります。

その時のためにもこのがん保険には入っておいたほうがより安心できるようになるでしょう。

家族がいる方には重要な死亡保険

自営業で家族がいる方にとっては、何かしらの理由で死亡してしまった時のためにこの死亡保険に加入しておくべきだと言えるでしょう。

なぜなら会社員であれば遺族厚生年金、そして子供がいる場合にはさらに遺族基礎年金によって保障されますが、自営業の方は子供がいる場合にのみ、しかも遺族基礎年金のみでしか保障されないからです。

個人年金保険

個人年金保険も自営業の方は入っておくべき民間保険の1つです。

その理由は自営業の方は会社員よりも加入している公的年金が少なく、受け取ることが出来る年金が少ないからです。

老後の生活のためにもこの個人年金保険への加入は検討しておきましょう。

自営業と会社員との加入するべき保険の違いのまとめ

ここまで解説してきた通り、自営業の方は会社員の方と比べて加入できる公的保険の種類やその保障内容が違います。

そのため加入しておくべき民間保険も会社員の方とは違ってくるのです。

人生では何がいつおきるかわかりませんから、自営業の方はなるべく早く保険に加入するなどの対策をしておくことをお勧めいたします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました