個人事業主が屋号で銀行口座を作る方法とメリット&デメリット

個人事業主

屋号で銀行口座を作ることができる?

個人事業主が事業で使用する銀行口座は通常自分の名義になっています。

それでもとくに問題はないわけですが、事業が順調に進んで経営規模が拡大していく、従業員を雇うようになって幅広い取引相手とビジネスをするようになっていくといった過程で個人名義の銀行口座は都合が悪くなってくる部分も出てきます。

銀行口座はその事業所の「顔」といってもよい部分ですから、個人事業主の個人名ではどうも収まりが悪くなってしまうのです。

会社名や事業所の名義で銀行口座を開設した方が取引相手にも覚えてもらいやすいですし、何より見栄えがよいものです。こうした会社や事業所名義の銀行口座は屋号と呼ばれていますが、個人事業主にとってはひとつの目標ともなるでしょう。

 

個人名での口座との違いとは?

ただ屋号つきの銀行口座は通常の銀行口座と違って開設方法にいくつかの違いが見られます。個人事業主の場合は本人がすべて手続きを行うケースがほとんどですから、用意すべきものや手順をよく確認しておきましょう。

  • 受付は窓口のみ

まず銀行の窓口でしか申し込むことができない点がひとつ。普通口座ではネットで申し込む方法が広く行われていますが、こちらはあくまで窓口受付です。

  • もっとも近い支店のみ

そしてもうひとつ重要なポイントとなるのが自宅か事業所どちらかにもっとも近い支店の口座でしか開設することができない点です。

ある銀行の銀行口座を作ろうと思った場合、あえて事務所から遠い都心部の支店で作る、といった通常の口座ではできることがこちらではできないのです。

  • 開業届が必要

そして手続きの際には開業届を用意することが必須となっています。個人事業主がはじめて手続きを行う場合でもそれほど難しいことはありませんが、こうした基本的な部分は必ず確認しておきましょう。

屋号つきの口座開設のポイント

開設に必要になる書類をまとめてみると本人確認書類と印鑑は必須、そのうえで開業届と屋号を確認できるものとなります。個人事業主の場合は屋号を確認できるものをどう用意するかがポイントでしょう。

店舗や事務所を構えている場合にはその看板やWebサイトを撮影・保存してプリントアウトする形が一般的です。そうしたものがない個人事業主の場合はあらかじめ銀行に相談しておくとよいでしょう。

なお、銀行によって屋号つき口座の取り扱いに若干の違いが見られます。

例えばりそな銀行では名義が「屋号+個人名」の形となりますし、みずほ銀行で個人口座の形で屋号つきの口座を開設する場合には個人口座と同じ扱いとなるので、すでに個人口座を開設している場合には認められないこともあります。個人事業主の場合はこの点は大きなネックとなるでしょう。

なお、窓口のみでの受付と書きましたが、ネット銀行の場合は例外、ネットでの手続きでも開設することができる銀行もあります。

ジャパンネット銀行の場合は開業後6ヵ月以上が経過し、事業内容が確認できる場合には開業届は必要ありません。手間がかからないという点ではこちらのほうがメリットが大きいでしょう。

参考ジャパンネット銀行:ビジネスでのご利用

どの銀行がいいのか?メリットを見てみよう

では個人事業主が屋号つきの銀行口座を開設する場合、どの銀行がよいのでしょうか?

ついつい手間がかからない、自宅・営業所の近くにあるところを選んでしまいがちですが、あくまで事業用として使用することを念頭に入れて検討していくことも大事です。

メガバンクのメリット

たとえばメガバンクに銀行口座を設けていれば信用が大幅にアップします。とくに店舗を持っている個人事業主の場合はこの点が非常に大きな意味を持つでしょう。

不特定多数の顧客に相手に銀行口座を使用する機会が出てくるだけに、メガバンクに口座を持っていることは「安心して利用できるお店」というイメージをもたらすことができるのです。

また実店舗を持っていると何かあったときにいろいろと相談できるなど身近にサービスを利用できる点も魅力です。

ネット銀行のメリット

一方ネット銀行の場合はなんと言ってもネット上で入金・送金などの処理・操作ができる点が魅力です。

個人事業主は手数料などの負担が経営を圧迫してしまうことも多いだけに諸費用がかからない点もメリットです。

銀行ごとのデメリットは?

どちらがよいか、だけでなくデメリットについても見ておきましょう。

実店舗がある店舗の場合は上述のように自宅近くの支店で開設する必要があるので選択肢が制限されます。

また他の銀行と取引をする際に手数料が高くなってしまう点、ネットバンクに比べてネットでの操作・処理が面倒でサービスがいまひとつといった点が挙げられます。

一方ネット銀行のほうはやはり実店舗がなくわからないことがあったときなどに銀行の対応が遅れてしまう部分が出てきます。大きなお金が動くことも多いビジネス用だけに不安材料となるでしょう。

屋号つき銀行口座でさらなる業績アップを!

このように個人事業主も屋号つきの銀行口座を開設することで経営者としての箔をつけることができます。

手続きそのものに難しい部分はないので経営が軌道に乗ったら開設を検討してみてはいかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました